注目の記事

  • 接客業界の研修

    数ある研修の中の一つ、「販売員研修」は、主にサービス業界に勤める人たちが受ける研修とされています。導入する企業も出てきていますが、その販売員研修とは、どのようなものなのでしょう。

  • 多彩なプログラム

    販売員研修を提供している会社の中には、階層別に研修メニューを設けているところがあります。そういったところでは、「新人向け」「店長向け」など様々なプログラムが用意されています。

  • 研修後のメリット

    販売員研修を受けることによって、いくつかのメリットを受けることができます。では、その研修を受けたことによって得られるメリットとは、一体どのようなものなのでしょう。

導入が増える「研修」

企業に就職すると、「研修」というものが行われます。研修とは、そこの事業所で働く上で必要となる能力を身につけるために行われるものです。
この「研修」ですが、企業が行う代表的なものとしては「新人研修」が挙げられます。入社した始めは分からないことが多いですから、企業の理念や方針など、会社にまつわる内容について説明がなされます。
このようにして、新人がこれから会社で働いていく上で必要なことを新人研修で学ぶのです。
上記のように、新人研修などの研修は受けた人や、耳にしたことがある人も多いと思いますが、具体的に新人研修ではどのようなことが行われるのでしょう。
研修といっても社内で行う場合と社外で行う場合があるので、内容は会社によって異なりますが、ビジネスマナーを身につけたり、コミュニケーション能力を身につけたりするためのトレーニングが行われます。
新入社員に対してはこのような研修が行われますが、実は研修というものは新人が行うものだけではないのです。
他にも色々なものがあり、会社に務めて10年前後などの社員に向けて行われる中堅社員向けの研修や、会社をまとめる立場の人である管理職や役員などの職についている人に対して行われる研修もあります。
では、中堅社員向けの研修ではどのようなことが行われるのでしょう。会社に勤務してある程度キャリアを積み重ねてきた中堅社員には、新人社員を教育するための指導研修や、中堅社員として身につけるべき能力の研修などが行われます。
自分の能力も高めつつ、今度はリーダーや指導係として必要なものを得ることがポイントとなっています。
管理職や役員など、企業の上層部の人である場合には、部下を指導するための研修や、マネジメント能力を付けるための研修などが行われています。

このように、研修にはさまざまなものがあるのです。